• 風間工務店 TEAM-Kについて
  • 風間工務店 施工事例紹介
  • 風間工務店 お客様の声
  • 風間工務店 お客様の声
  • 風間工務店 お客様の声
  • 風間工務店 お客様の声

TEAM-K 風間工務店 構造・工法について

風間工務店の構造・工法

耐震と制振の二重効果で、揺れを80%低減。

風間工務店では大地震から住まいを守るために、2013年GOOD DESIGN賞を受賞した耐震 ・制振システム「WUTEC-SF」をおすすめしています。地震に対して耐えるだけでなく、 しなやかに揺れを吸収して低減させ、その効果は半永久的に続きます。

TEAM-K 風間工務店 耐震+制振システム
TEAM-K 風間工務店 耐震+制振システム

断熱と遮熱の二重効果で、快適な住まいを実現。

壁体内に充填しながら気密性を高める吹付け発泡ウレタン断熱に加え、 輻射熱の97%をカットするアルミ反射シートの外張り遮熱。 暑さ・寒さの双方を防ぐ、高断熱・高気密・高耐久のCW断熱工法をおすすめしています。

TEAM-K 風間工務店 CW断熱工法
TEAM-K 風間工務店 CW断熱

自然素材と天然接着剤で、空気の違う家を。

風間工務店は空気感の違う心地良い空間づくりを目指しています。 無垢フローリング材や塗り壁材のみならず、ボンドの代わりに天然糊を使用したり、 壁紙の貼り付けにでん粉系接着剤を使うことで、化学成分を抑え、気持ちのよい空気をつくります。

TEAM-K 風間工務店 自然素材
TEAM-K 風間工務店 自然素材

安心の構造をご提供するために、木からこだわります。

風間工務店では、全ての住宅に木材利用ポイントに適合した木材を使用しています。柱には茨城県産のスギ材、土台には茨城県産のヒノキ材を標準で使用しています。 土台の木材は含水率30%以下とすることが基準となっています。一般的に土台にはツガやヒノキが使われますが、東日本大震災の際、津波に飲まれて含水率100%となったヒノキの土台が、わずか5日間で含水率20%にまで乾燥したことが立証されました。一方、同様に含水率100%となったツガの土台は、2週間を過ぎても30%以下にならないことがわかりました。この立証データを受け、弊社では土台の材料はヒノキを採用しています。

KD材(人工乾燥木材)を日本一のプレカット工場で加工しています。

木材は水分を含んでいます。乾燥が不十分な木材を使ってしまうと、完成後、暖房などで急速な乾燥収縮が進み、不具合が起こることがあります。風間工務店では土台、柱、梁のすべてにKD材を標準仕様にしております。KD材は厳しい品質管理下で、人工乾燥によって含水率を20%以下に抑えた材料です。長期に渡って収縮・変形を抑えることのできる、優れた構造材です。 木材の加工には、加工実績日本一を誇るポラテック社のコンピュータ入力によるプレカット(工場加工)を採用しています。最新の機械設備でコストを抑えながら、正確でブレのない強いフレームを提供いたします。

TEAM-K 風間工務店

人と環境にやさしいシロアリ対策。

科学が発達した現代でも、シロアリの被害は恐ろしいものです。 しかし、防蟻対策をするあまり、人へも影響出てしまうことがあります。いわゆる「シックハウス症候群」というものです。 風間工務店ではシロアリの被害も化学成分の被害もない、安心してお過ごしいただける住まいをご提供するために、安全・安心な防蟻対策を行っています。

ホウ素系木材保存剤「エコボロン」

木材に塗布してシロアリから木を守るエコボロンは、ホウ酸塩鉱物を主原料としています。 これは海水や温泉水中にも含まれる安定した無機化合物で、揮発性がありませんので部屋の空気を汚しません。 高気密高断熱住宅であっても、床下換気システムの家であっても、シックハウスの心配はありません。

TEAM-K 風間工務店 エコボロン

シロアリをシャットアウトする、「スタイロフォームAT」

スタイロフォームATは防蟻効果を持つ基礎外側断熱材です。この断熱材で基礎を覆うことで、 外部からのシロアリの侵入を防ぐことができます。また、シックハウスの原因となるホルムアルデヒドを一切含まず、 さらにリサイクルも可能な環境にやさしい素材です。

TEAM-K 風間工務店 スタイロフォームAT