断熱・省エネ性

夏涼しく冬暖かい、CW断熱

家をすっぽり包みこむ遮熱シートと、隙間なく充填された現場発泡ウレタンを組み合わせた二重構造

従来の断熱材の弱点を補った、新しい断熱材

CW断熱

従来の断熱材では対策しきれなかった“夏の熱さ”に対し、CW断熱工法では宇宙服でも使用されているアルミ製の反射材を柱の外側に張り付け、太陽熱をカット。

また、断熱性能に優れた硬質ウレタンを柱と柱の間や、屋根に充填します。専用の機材を使い現場で発泡させながら吹き付けることで、結露の原因となる“隙間”を防ぎます。

アルミ熱線反射材

輻射熱の97%をカットするアルミ熱線反射材を構造材の外側に施工。厚さ0.2mmという薄さなので外壁の固定にも影響しません。断熱材のように熱を吸い込むのではなく、跳ね返す原理だからこそできる薄さです。太陽からの熱エネルギーを遮断することで、夏でも家に熱気がこもらず、エアコン要らずな涼しさに。

アルミ熱線反射材

発泡ウレタン断熱材

遮熱シートと組み合わせるために、透湿抵抗値の高い30倍発泡硬質ウレタンフォームを使用しています。住宅用断熱材として広く使われている100倍発泡ウレタンに比べ発泡倍率が低いため、連続気泡を持たず壁体内結露のリスクを減らします。熱伝導率は、0.022(W/m・K)、これは充填断熱の中でもトップクラスの断熱性能です。

発泡ウレタン断熱材

電気代の比較で見るCW断熱の断熱効果

高気密・高断熱の家はエアコン使用量が減るため従来の家よりも電気代を抑えられます。

  • 樹脂+LowE複層ガラスで、国内最高レベルの断熱窓
電気代の比較で見るCW断熱の断熱効果

窓は「環境性能」で選ぶ時代

屋内外の熱の出入りが最も大きい窓。窓からの熱の出入りを抑えることは、無駄な冷暖房負荷を減らし、エコへとつながります。

APW330は、国内最高水準の断熱性能で環境性能に配慮しつつ、デザイン性と機能性を高い次元で兼ね備えた、新しい樹脂窓です。

team-K風間工務店

熱が伝わりにくい構造

2枚のガラスの中空層とガラス内側の金属コーティングにより熱の伝わりを軽減。単板ガラスの約4倍の断熱効果を発揮します。加えて、フレームには熱が伝わりにくい樹脂を使用することによって、フレームからの熱の出入りや結露を減少させます。

熱が伝わりにくい構造

冬の体感温度は窓の温度にも影響を受ける

体感温度とは人間が“感じる”温度のこと。室温に加え、湿度や風、周囲の物体の温度にも影響を受けます。
冬場、室温を暖かくしても窓や壁が冷えていれば、体感温度は低く感じます。エアコンの設定温度の割に、なんだか寒く感じるのは周囲の窓や壁が冷えているせいかもしれません。APW330はガラスもフレームも断熱性が高く冷たくなりにくいので、快適な暮らしを実現できます。

ページトップへ