耐震性・耐久性anti-earthquake

家族の命と財産を守る安心の住まい

地震対策、耐久性についてご説明します。

1. ハウスガードシステム

快適にいつまでも暮らせることを目標に。

ハウスガードシステムとは、国産無垢材にマイトレックACQを加圧注入処理することにより、腐らない木に生まれ変わらせた「緑の柱」を使用する、永く安心して住むことのできる家づくりシステムです。

ハウスガードシステム1

私たちは「本当の長寿命住宅とは、〝住んでいる間ずっと安全、安心を確保できる物〟であるべきだ」という信念のもと、ハウスガードシステムをすすめています。

家を長持ちさせるには5つのことが必要です。

01.構造に使う木材の耐久性
02.構造に使う住宅金物の耐久性
03.構造計画・構造計算
04.気密、断熱、省エネの性能
05.定期的な点検

家を建てた後は、床や壁を剥がせないため、点検ができません。
腐れやシロアリに気付くことが遅れると被害が大きくなるリスクがあります。

ハウスガードシステム2

しかし、ハウスガードシステムの家は、
新築時の耐久性を保ち続ける「緑の柱」を使うことで、半永久的に腐れやシロアリ被害の心配がありません。

現状考えられる最高レベルの木材保存の方法を用いることで、リフォームや建て替え時に余計な出費がなく、数世代にわたって利用できる家をご提供いたします。

耐震
長持ち
メンテナンスフリー
耐震
半永久的に新築時の耐震性能を維持し続ける、住む人の命を守る家

地震や台風などの災害は、いつ起こるかわからないのに、現在の建築基準は新築時の耐震性能しか考えられていません。ハウスガードの家は、耐久性に優れた「緑の柱」を用い、長期に渡って耐震性能を保ち続ける家づくりが可能になりました。

「緑の柱」が長持ちの家を実現します。

木造住宅の主要構造部分に「緑の柱」を使用します。耐久性に優れた「緑の柱」なら柱・壁・土台など、見えないながら住宅を支えている部分の腐れ・白蟻被害の対策が万全となり長持ちの家が実現します。

長持ち
「緑の柱」の高い耐久性によって「腐れ・シロアリ」被害から家を守ります

一般的に腐れやシロアリに強いとされるヒノキ、ヒバであっても、実際には下の写真のように被害にあいます。住宅用構造材として広く使用されているホワイトウッド(集成材)は一番被害にあっています。優れた耐久性を発揮した「緑の柱」は被害にあっていません。
「緑の柱」は「腐れ・シロアリ被害」から家を守り、家を長持ちさせます。

メンテナンスフリー
高い耐久性を誇る「緑の柱」だから柱や土台はメンテナンスフリー

家を支える大切な柱や土台は「緑の柱」を使用しているので、壁や床を剥がして取り替えるなど大掛かりなメンテナンスは必要ありません。リフォーム時に多額の費用がかかる恐れがぐっと軽減されます。
床下部分は10年に一度、簡単で安全な防蟻処理を行います。非常にシンプルな方法で長期に渡って家を守ります。

2. 耐震+制震システム

木造住宅に地震対策の革命を
高性能耐震+制振壁システム「WUTEC ウーテック」

高性能耐震+制振壁システム「WUTEC ウーテック」

team-Kが導入している耐震・制振システム「WUTEC-SF」は、国土交通大臣認定『壁倍率2.6』の耐震強度と、 地震エネルギー吸収性能による制振能力を併せ持つ地震対策システムです。 高純度アルミニウムのフレームを柱間に取り付けることで、あらゆる種類の地震波に効果を発揮します。

建物の揺れを、最大80%低減

地震に対して力で備えるだけでは損傷を受けやすく、限界もあります。柔道のように攻撃をうまく相手をかわして自分を守ることが最も効果的です。
「制振」とは、 地震のエネルギーを吸収することで揺れを抑える技術です。エネルギーを吸収することで地震時の建物の揺れが抑えられ、 最大で80%まで揺れを低減することができます。

  • 振動解析によるシミュレーション
  • 建物揺れの低減効果
どんな地震にも、繰り返し効く

このエネルギー吸収装置は高純度アルミニウムの変形を利用するので、速度依存性がありません。 したがって短周期地震・長周期地震のどちらに対しても同じ効果を発揮します。
また、過去の大地震では本震に耐えた木造住宅が、 繰り返す余震で構造へのダメージが蓄積し、倒壊する事例も多く見られました。
WUTEC-SFは大地震を受けても安定して同じ性能が保たれますので、余震に対しても安心いただけます。

メンテナンス不要

WUTEC-SFのフレームは金属のみで構成されていますので、 温度変化や湿気によって性能が変わることはありません。
また、 アルミニウムは耐食性にも環境にも優れていますので、時間とともに性能が低下することはなく、 半永久的に地震に対して備えることができます。

ページトップへ